2011年03月30日

出来ることから、出来る人から - 2

.
本日3月30日早朝より、A.C.T.S.テッズ隊は福島県いわき市まで出動してきました。任務は、ピースフル/URJのスタッフ4名を活動拠点まで運ぶこと。そしてハイエース・スーパーロングいっぱいの支援物資を現地にお届けすることでした。

常磐自動車道などに大きな問題はなく(地震によって発生した路面のバンプは凄かったですが…)いわき市には予定時刻前に到着。積み込んで行った300数十リットルのガソリンを、到着を待ちかねた車両に補給し、灯油も100リットル以上をお渡しすることが出来ました。

支援物資は、A.C.T.S.関係で集めた…というより、VMX系、ビンテージロード系、知り合いのショップ系、各々のご近所が供出してくれたモノなどゴチャ混ぜでしたが、すぐに役立てていただける日用品/身の回りの生活雑貨が中心で、分配等はピースフルにお任せしました。

そして空荷となったクルマには、今日まで現地で活動していたスタッフ3名を乗せ、東京/神奈川まで連れ帰りました。慌ただしいスケジュールでの福島行きでしたが、予定の内容は滞り無く遂行出来たと思っています。以上、取り急ぎご報告いたします。

ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。現地を見てあらためて思います。「支援は、まだまだこれからだ」と。引き続きのご理解とご協力を、何卒お願いします。精一杯の活動を続けるピースフル/URJのバックアップも継続していきたいと思います。

mark2.2.jpg
posted by 用務員 at 20:27| Comment(5) | Informations | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
用務員さん、前島さん、ピースフルの皆さん、
お疲れ様でした。又、出かける機会もあると思います。できることがあれば応援したいと思います。ご苦労様でした。
Posted by かみさん at 2011年03月30日 20:58
支援隊お疲れ様でした。引き続きよろしくです。
Posted by #94イーブル小沢 at 2011年03月31日 01:02
用務員様
五島の所で越冬ご一緒しました廣田岳です。
復興支援活動ご苦労様です。
乗り物に携わる人間も震災に対して助力出来る事があるはずだと思っていましたので、
記事を読ませていただき感銘を受けました。
僕は21,22日辺りから横浜の音楽関係の団体と北茨城、南相馬に行ってくる予定です。
自分の周囲のメカニック仲間も協力してくれる事になっていますが、
現地の情報や、ガソリンの運送方法などを教えて下さいませんか。
突然で大変申し訳ございませんが、普段ご連絡先をお聞きしてませんでしたので、、。

お時間のある時でも、メールアドレスまで宜しくお願いします。
それでは失礼します。
Posted by 廣田 at 2011年04月11日 19:58
ガクちゃん、ども。
被災地の支援、頑張って下さいね。

とりあえず留意しなければならないのは、地域や個別の避難所などによって、
「何が必要とされているか」が大きく異なる状況だということです。
ある場所ではまだ食料や燃料が不足していたり、
またある場所ではほとんど通常の生活に戻っているなど、
個々のシチュエーションに、刻々と違いが出ているようです。
出来れば、行く先の具体的な要望を承知した上で現地に赴くことが重要ではないかと思います。
ネットなどで、多くの地域の支援団体が「何が必要か」の情報を流しています。
行く地域や個別の施設などによって限定されている「要望」をくみ取ることが求められています。

これまた地域によって状況は異なるようですが、
現状ではガソリンはけっこう行き渡るようになってきているようです。
3/30にガソリンを運んだ時は、緊急的措置でしたので携行缶で300リットル以上を運びましたが、
これが安全上好ましいやり方なのかどうか、冷静に考えると難しい問題ですね。

等々、支援に関して、こちら側の準備や心構えが問われる時期に入っている気がします。
北茨城や南相馬の、具体的な地域や施設についての「要望」を、
まずは調べてみることが必要ではないでしょうか。
残念ながら、用務員は個々の地域や施設についての具体的な要望を知る立場にいません。
すぐに役立つ情報がなくて恐縮です。

連絡先については、ゴッシ〜に訊いて下さい。
協力、惜しみません。
Posted by 用務員 at 2011年04月11日 21:49
ありがとうございます。
随時現地の(南相馬市)炊き出しチームから情報を得て、
物資集めや、資金集めをしています。ガソリンですが、今は大丈夫そうとの事でした。
緊急措置だった事、非常に分かります。重ねてご苦労様です。
行ってみないと分からない事はあるのですが、報道されていない、タフな状況を聞いて、
微力ながら、ものづくりの人間としても破壊された物事に対して、
何か続けられる事をしていこうと思っています。

是非また御相談させてください。
五島から連絡先を伺っておきます。

それではまた!
失礼します。

Posted by 廣田 at 2011年04月12日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。